CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
太田屋糸店HPはこちらです
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
みんなで紡ごう

JUGEMテーマ:趣味

 

 

 先日のことですが、アメリカで紡ぎ車に一目ぼれし、以来買ったはいいもののどう動かしていいのか分からないというOさん(とにかくウチに来られる方はOさんがOいです)の依頼?を受けて久方ぶりに紡ぎの講習の運びとなりました。私は編み物よりも、織物よりも、確か糸づくりが最初だったように記憶してます。

 

 ペダルが二つついてる良いやつで(でも写真では片足で踏み板ふんでますが)いいですねー。とにかく糸になる仕組みというか雰囲気を掴んでもらえたらいいのかなあと。

 

 

 たまたま羊を買いに来られたAさんも参加されて、私のために(と勝手に想うことにしてます)作ってくださったイチゴ甘酒をなんでいうか、頬張るっていうか流し込むっていうのか、食べながら紡ぎについて説明なんかしたり。

 

 

 あなたもやってみたらいいんじゃない?の一言でAさんも一緒に参加です。

 

 糸になる瞬間、感覚がわかると、あーこうなのね、となるんですよね。とにかくOさんは10年ほど寝かせていた紡ぎ車が稼動したこと自体に感激されて、私が紡いでるのを見てるだけで癒されるそうです。これ講習になってんのかな?

 

 お二人ともありがとうございました!

| 糸づくり | 00:26 | comments(0) | - | pookmark |
綿づくり
JUGEMテーマ:旅行

綿

 白河のKさんに「綿の種がほしい」そうお願いしたらわざわざフィアンセ共々(来月結婚するそうです、おめでとう!)種を持ってきてくれました。写真は一部です。興味を持って綿を育てたはいいものの1年で1キロ、1キロ!?初めて作った綿でしたが売ってもたかがしれてる量だし行き場がなかったらしい、結局わたしのところにやって来ました。ありがとう!

綿

 そしてこれが矢板のUさんのご自宅、ウチの実家じゃないんですことよ。

 綿の種が欲しかったのもUさんからご連絡があり(私の織りの講習を最初に受けてくれた方なのです)、綿の種さえあれば植えておきますよー、とおっしゃってくださって、じゃあ、そのご好意に甘えようと。矢板駅でお迎えにきていただいてご自宅に伺ったのでありました。写真はご主人と一緒に繊維をとって種だけにする地道な作業の図。種取り機が欲しい。

綿

 そんで種をお渡しするだけかと思ったら、いつの間にか長靴はいてわたしも作業に参加することになっているらしい・・白い服で来ちゃったよ。

 さて白河のKさん曰く、もう時期的には遅いと思うよ、とのことでしたがせっかくのお気持ちですからね、まあ出来たら嬉しいなあ、という感じかな。
 また、私も今までアイム放射脳!で動いていましたから採取できても測定は必要かも知れん、おのれ原発事故!(その際はちゃんと許可を得ないといけないっすね)矢板も最終処分場の候補地の一つと言われていましたが(現在は塩谷)そんなんおらが村に来たら誰だって困っちゃうよ、ここじゃなくて良かったね!とは言えない問題ですよね。とかく放射能については無視は出来ないことですから。ただ綿は放射能の移行率は非常に低いらしいのでその点は良かったね、と言っていいのだろうか。

綿

 「自然が教える農業のお手本」のとおり、ということでもなくご主人が用意して下さったポットに3つ種を落としていきます。これで発芽させてから植えるみたいですね、草取りの時期はよろしくお願いしますだそうで、ひー!

綿

 蕎麦打ちが趣味のご主人に手打ち蕎麦を振舞っていただきました。ほんとこういう機会はないことですからね、ありがとうございました。この他にも敷地内のお堂に案内していただき色々歴史についてお話していただいたりもしまして、人と人とのつながりって過去から脈々と続いてるもんなんかな?とか思ったり。
| 糸づくり | 09:16 | comments(0) | - | pookmark |
むち綿
JUGEMテーマ:趣味



 本日はエイプリルフールということで堂々と詐欺まがいなことが出来る日、ではなくって常に正直でありましょうね。とかく靴下のゴムがぶよぶよになっちゃってルーズソックスのごとく深々と垂れ下がっていることは紛れもない真実なのであります。



 かような状況の中踏み板をふみふみ綿を紡いでみました。実は紡ぎ車で綿紡ぎは今まで経験なかったんですけど、麻と比べたら随分楽だなあ、といったところ。写真はブラジル産の茶綿です。むちむち。「ひつじや」さん、ネットで購入させていただいた綿です。以前スピニングパーティーで何度かお会いしたことあったかなあ。

 

 強度も考えて双糸にしました。後で使います。白い綿はラオス産。
| 糸づくり | 21:05 | comments(0) | - | pookmark |
精麻をどーしよう
JUGEMテーマ:趣味

精麻

 栃木はかんぴょうの生産が確か第一位でして、日本でトップならたぶん世界でも一位なんじゃなかろうか。イングリッシュでいうならトップシェアですよ、キングオブカンピョウ。

 ユンピョウっていましたね。

 言いたいことはそのかんぴょうのことではなく、聞いたところによりますと栃木は産業大麻の生産が一位でもあるらしい。間違ってたらすいません。このかんぴょうに思えなくもない繊維状のものが精麻を裂いたものになります。鹿沼産です。

精麻

 精麻を糸にするのを「績(う)む」というのですが(繊維を細く裂いたものに唾液をつけて絡ませてつなげていく)、その技術も根気もまだ無いので以前考えたヘンプをつなぎにして私は精麻を糸にしています。紡ぎをやられる方だったらそれほど難しいことではないんじゃないかな?
 繊維にも色んな状態があるんですね。なんというか「つぶあん」と「こしあん」みたいな。で、ヘンプは加工されて繊維が揃ってるので糸になりやすいのです、それを接着?に使ってます。精麻ヘンプ精麻ヘンプ精麻、書くと文字化けに見えますね、意図的なんだけど。ただ糸を作るのはいいんですけどやっぱ素材を上手く利用しないと意味ないですね。

フルーツ?

 それで、最近麻ブームらしいですよ、とウチには珍しい女子高生のお客さんに言ったら「そんなん聞いたことないですよー」と言われてしまった。うーん、じゃあ、そうなのかな・・・また、麻を見直そうという動きはあるにはあるみたいですけど「どうやって活用すんのか」の道筋があるわけじゃなさそうですしね、滅茶苦茶糸にするのが大変だからそこがネックなのかな。

 これが東京の何とかフルーツのチョコレートだそうで、おいしい!ついついつまんじゃう。ありがとうございました!

いただきもの

 そしてウチには珍しくない元女学生のFさんから頂き物をしました。こちらもフルーツだなあ、重ねていつもありがとうございます!こうやって更新してますと人気ある店のように思えなくもないですよね、インターネットを十分活用して幻惑させないとね!通常はそんなでもないです。
 力仕事を頼まれたことがありまして、わざわざお礼に編んでくださったのでした。出来上がったものは人に配っちゃうんですって。
| 糸づくり | 00:05 | comments(0) | - | pookmark |
あわぶくぶくぶくぶく
JUGEMテーマ:趣味

バレンタインデー

 バレンタインデー、ここ宇都宮に天使が舞い降りました、わーい!この勢いそのままに赤いじゅうたんでも敷こうかな。

 ぶくぶく
 
 さあて久方ぶりに染色をしてみようと思い立ってコチニールの染液に、なんだかんだ言ってもいやあ貰うと嬉しっすよねえ、空気清浄機を繋げて一晩。目論見としては綺麗に染まるかなあ、といった所でしたが泡だらけになってますね、醗酵してるってことなのかな?シャンプーで泡立てたわけじゃないですよ。

 染め

 以前、糸作って織った精麻とヘンプのマフラーがこんな感じです。そのままの色合いだと地味なので・・・空気清浄機を使用した場合としない場合で比較してないので効果はイマイチわかりませんが絶対変化はあるはず。

染め

 意外ですがヘンプよりも精麻の方が染まりがいいですね。濃淡の違いが出てます。

染め

 こちらはリネンです。ウールは縮むので扱いに気を遣いますがこれはかなり大雑把です。みょうばんで媒染。
| 糸づくり | 19:10 | comments(0) | - | pookmark |
紡ぎの講習
JUGEMテーマ:趣味
 
紡ぎ講習

 ウチの店の紡ぎ車を見て講習を申し込んでくださったMさんです、ワタクシまるで先生みたいでしょ?これでご自宅にある紡ぎ車が活躍できると思います。ありがとうございました。以前は織りをやってらっしゃったそうでこの織り機を見て40cmの織り機を二つ繋げたんですね!とやっぱ分かるのねー。

 紡ぎ講習

 一生懸命紡がれた結果ちゃんと編めそうな糸になりました。

 今回は編み糸のご要望でしたので双糸(そうし)まで。糸には単糸(たんし)と双糸、他にもありますが双糸は2本の糸を撚り合わせて最終的に1本にします。糸にも色々あるんですね。
 また真綿があるので挑戦したいとのこと。オレ真綿って綿だと思ってた過去が・・・絹なんですよね。そして商工ローンを「あきないえろーん」と読んだ過去も。

初織り

 現在過去みらーいー。

 新織り機はやってる最中に、あーこうすりゃ良かった!と悔いがわんさかあり。技法も手間がかかって効率悪いままずるずる反省してます。でもこれでやり遂げないとかんのだ、これからのお付き合いになるのだから。
| 糸づくり | 21:23 | comments(0) | - | pookmark |
大麻(おおぬさ)精麻とヘンプと
JUGEMテーマ:趣味
 
精麻

 前言撤回で、急に精麻でも糸にすることは可能なんじゃないかしらん?という思いつきがありましたので早速実験を。

精麻

 結果、なります。精麻100%じゃなければ、という条件はつきますけどね。ほんとに大麻は難攻不落っていうのか、ひたすら黙ってラーメンをすする頑固親父の店っていうのか、全然迎合してくれないのでこっちが工夫しないと。

精麻

 これが図解で、私のイラストの腕前は一体どうなっとるんじゃい。

 ハンバーグのつなぎは玉子?でしたっけ、そんな感じで精麻と精麻の間にヘンプ(工場で加工された麻)をつなぎにすると紡いで糸にできますね。接着剤みたいなイメージかな?元々が麻同士だから相性良いですし、そーいえばカシミア100%で紡ぐとカシミアっぽくない、と言われてて逆に羊毛を混ぜ込んだりするらしいんですよね。ちょっと例え違うかな。

 まだ慣れていないので根っこなんだか先っちょがどっちなんだか(大麻は根っこから先というように方向を決めて糸にします)見失ってますが割と糸になってくれたので嬉しいなあ。

 ヘンプ100も良さげですが精麻の方は光沢がありますね。ただ唾液をつけて(これもつや出しになったりするらしい)指でなぞっているわけではないので績むのとはまた違うでしょうけどね。でも糸になってくれたので思いついてみるもんですね。
| 糸づくり | 23:34 | comments(0) | - | pookmark |
麻(ヘンプ)100の糸
JUGEMテーマ:趣味
 
ヘンプ

 加工してある麻(ヘンプ)を手に入れましたので、これを紡ぎ車で糸にしていきます。実は初めての作業です。大麻とありましたので日本産、と勝手に思ってたけど違うのかも。繊維が細かくなっているので紡ぐことが可能ですね。

ヘンプ

 出来上がりはこんな具合です。使ってないので良いんだか悪いんだかわからん、ただスーッとする感じです。密度が濃いから割と重量感があるのかも。

 精麻(加工してない段階の大麻)で糸を績(う)むことにもチャレンジしましたが、時間かかるし・・・ムツカシイ。一晩じっくり煮込んでダシを取るってレベルじゃないんだよね。昔はゆったりとした時の中で生きてたんでしょうね。

ヘンプ

 もうちょっと写真を綺麗に撮ろうという意志を・・・
 
 比べることもないですが、羊毛は「どーぞ糸にしてください、ごろにゃーご」じゃないけど本当に糸にしてくださいな、といわんばかりの構造。そして麻は「まだあなたを信頼しきった訳じゃないわ」みたいな。しかしどちらも可愛いやつめ。
| 糸づくり | 00:08 | comments(0) | - | pookmark |
待ちぼうける
JUGEMテーマ:旅行
 
待ちぼうけ

 前橋の実家に行きその翌朝に宇都宮へ戻ろうとした所、信号機異常発生、ですので前橋駅のパン屋です。ここは9月末に閉店してしまうらしい、今まで来なくてすいません。

ゴットランド

 そうそう、パン屋と言えば魔女の宅急便が思い出されますがゴットランド島がモデル?だったとか。ゴットランドと言えば羊の毛が思い出されますが、この毛です。

ゴットランド

 柔らかく、そして荒々しい。紡いでみましたがなかなか良い味ですね。くりんくりんだからどーなるんだろ?と思ったけど梳毛(カードにかけないで原毛をそのまま紡ぐこと)に向いてるかも。

待ちぼうけ

 話戻りまして、結局電車がいつ動くのかわからんかったので再び実家に帰り、電車が通常通り走るであろうしばらく落ち着いた後でまた前橋駅へと馳せ参じ、この写真に写ってるせっかく作ったフエルトの羊の頭一式を待合室に置き忘れ、体だけは無事のまま帰宅いたしました。(でも道具も無事に戻りました)

 久々にテレビも見ました。1,2年ぶりくらい?アンパンマンのチーズのポジションがわからん、何故あいつだけ犬なんだろう。他の動物は普通に喋ってんのに。
| 糸づくり | 01:16 | comments(0) | - | pookmark |
そこはかとなく紡ぐ
JUGEMテーマ:趣味
 
日々草

 写真撮り用の携帯を変えました。もなにも古い携帯が勿体無くてそのまま使ってたんですけどね。ちょこっと前だったらポケベルですからね、その時代なら手の平サイズで写真が撮れるなんて夢のようなのに今や当たり前の世界です。

 葉っぱ黄色くなって末広がりにひょろ長くなっちゃったけど、ぶくぶく装置で日々草の花が沢山咲くようになりました。なんでしょこの枯れそで枯れない、垂れそうで垂れないマヨネーズみたいな感じ。

紡ぎ織り

 作品展用ストールです。経糸は黒の手紡ぎ糸、白いナイロンウールとを双糸にして。今までは強度を上げるためにミシン糸を絡ませていましたが断然こっちの方が作業はかどりますね!

紡ぎ織り

 織り上がったら細工して、

糸抜き

 同じような絵面ですけど、最終的には左側のように白ナイロンウールだけを引き抜きます。これで柔らかくなるわけですね。双糸→単糸。

 色味にコットンを使いましたけど手紡ぎとの相性が意外といいな。コットンはウールと違い縮まないのでそこを考えつつ使っていきたいかな。効率が良いと作業も楽しいです。
| 糸づくり | 23:35 | comments(0) | - | pookmark |
<< | 2/3PAGES | >>