CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
太田屋糸店HPはこちらです
MOBILE
qrcode
経糸のグラデーション、張り方の続き
JUGEMテーマ:趣味

経糸

 あとで見返してみましたら先日描いたイラストがあまりにもてきとーだったので、もう一度経糸の解説を。といってもそんなにムツカシイものでもないのであれなんですが。
 これが咲きおりのソウコウで、ここに糸を通していきます。ガイドみたいなものかな?ちなみに色が違うのは昔ソウコウを改造してごちゃ混ぜにしてるからです。普通の状態ですと5cmごとに色が違うので幅を測るのが楽な構造になっています。

 それで、細い糸には目の細かいソウコウ、太い糸には目の大きいソウコウ、というのが通常なんですけど私の場合は細い糸を何本か束ねて、一箇所に入れるということをしています。
経糸

 この経糸張りが面白くって自分の配色を意外に思ったり、ハラハラもしますね。要するに一つのガイドに対して1本の糸、ではなしに糸の本数を変えたり、色味を変えていってグラデーションを作っていったり、平織りでも変化が生まれるような気がします。
| 織り物 | 01:29 | comments(0) | - | pookmark |
経糸のグラデーション、張り方
JUGEMテーマ:趣味

打ち上げ

 春のストール展、ルービーとピッツァでウチアーゲーの様子です。この時タケさんから「経糸を色々混ぜて糸を張る方法も教えた方がいいんじゃない?初めての人はよくわからないと思うよ」とアドバイスをいただき、普段から何気なくやってるからあまり感じてませんでしたがそれならブログで公開しよう、じゃあビールもう一杯となったわけです。


経糸

 別に私だけがやってるわけじゃないと思いますが、卓上、リジットとも言うのかな?の織り機は簡単な構造なので工夫があるといいかな、と以前感じるようになりました。織りながら編むのもそうですが色や素材に変化を持たせると結構いけるかな?と。
 私の場合はソウコウ(糸を通すガイドみたいなもの)一箇所に糸1本という訳ではなく、細い糸を何本も重ねたり、本数減らしたり、素材を組み合わせたり、そういうやり方をしています。

経糸
 これがソウコウの絵です。私は美術学校のグラフィックデザイン科を卒業しています。ここに糸をかけていくわけですね。


経糸

 このように1本ずつ糸を通していくやり方もあります。で、「咲きおり」はお利口さんなので経糸の取り外しが楽という利点(逆に外れやすいのも)があります。

経糸

 ですから糸を1本だけでなく何本か重ねて、それを色合いを見ながら増やしたり減らしたり、こうすると色の出方がちょっと複雑かな?という感じですね。
 糸の種類が沢山あるとこの方法が出来るのでやり方自体はそれほどムツカシくはありません。また同じ糸でも本数を変えるだけで結構面白味も出ると感じますね。興味のある方は参考になったか分からないですがお試しいただけたらと思います。
| 織り物 | 18:06 | comments(2) | - | pookmark |
春の連休に
JUGEMテーマ:趣味

個展

 このような具合で「cafe 10an」さんでのストール展が始まります。お近くにお寄りの際はどうぞよろしくお願い致します、とてもステキな古民家でタケさんの料理も美味いです。http://take-10an.jimdo.com/infomation/ ただ、私はまだ値札をつけていない。
 

 また大堀相馬焼き?私も当日拝見しますが松永窯さんの陶器も展示販売されるそうで、デザイナーさんがデザインした馬だそうで(いい加減な情報ですいません!)私が言うのもなんですが、重ねてどうぞよろしくお願い致します。
http://take-10an.jimdo.com/2015/04/06/%E5%90%8C%E6%99%82%E9%96%8B%E5%82%AC%E3%81%84%E3%81%9F%E3%81%97%E3%81%BE%E3%81%99/


 以下、こっからは福島原発についての身勝手な話になります。まああんまり明るい話題ではないので。


 
続きを読む >>
| 織り物 | 02:13 | comments(0) | - | pookmark |
雪の降る前
JUGEMテーマ:日記・一般

再会

 いやはや花冷え、寒暖の差が激しい時期ではありますが季節はずれの雪が降って驚きました、じゃあその雪の写真撮ればいいじゃないか、と思うじゃないですか。私もそう思います。

 さて、震災前に一緒に作品を出したり、お家にお邪魔したりとOさんには大変お世話になっていたのですが2年前に引越しをされて以来会う機会がなかったんですよね。ですが今日ご連絡いただきまして食事タイムです。染色に詳しい方なので(こっちも最近興味出てきてるので)藍染めに関することなど色々聞かせていただきました。凄い知識量でやっぱ好きってことは自然体で吸収してしまうんですね、私もスポンジのようでありたい。

10an

 あーもう寒くてお茶飲む以外何もしたくない。そりゃお菓子もあれば文句ないけど。いつも来てお話してくださるSさんがこのストールの模様を見ながら「古文のようね」とおっしゃった後、和歌を詠みたくなったそうで一首。

 いろいろの

 いろに囲まれ

 織るきみの

 ・・・あとはなんだか

 忘却の彼方なの
| 織り物 | 22:49 | comments(0) | - | pookmark |
つらつらと
JUGEMテーマ:趣味
 
忘れな草

 これは忘れな草だったかな?忘れました。ちっこくて可愛らしい花よ。

 吸水シートを鉢の下にひいて勝手に育つ仕組みです。昨年手を変え品を変えした小松菜たちが虫の巣になったトラウマを引きずっています。

しだれ

 しだれ桜は夜に見る方が好きですね。

作品展前

 10anさんでのマフラー展示まで一ヶ月を切ってしまったため急ピッチで量産体制に、入れたらいいな。いいのにな。

 最近はシルクとコットンを組み合わせるのがいいかな?と思ってやっております。一応シルクは動物性と言われててコットンはそのまま植物性。プラスマイナス(陰陽)の関係になるかな?という狙いもあります。
| 織り物 | 00:04 | comments(0) | - | pookmark |
腹筋がちがう
JUGEMテーマ:趣味

マスコット

 手前、なんだかピントずれてますけれどもFさんからいただいたビーズの羊ストラップ、携帯に付いていたのでかわいいね!って何気なく言ったら早速作っていただいたんですよね、ありがとうございました!携帯につけながら携帯で撮ってるから変な構図に。そして鯛のかぶら蒸し食べたいなあ、と言ったら、ほんとに鍋ごと持って来られたらどーしよ、私は箸を用意しておく他ありません。
 
グラデーション

 毎度引きこもりの画像ですが改造咲きおり80は一旦休んで、60の方を運転しています。やってみて分かることって沢山ありますよね。最初こそ問題がありました咲きおり80でしたが、うーん修正したら割かし上手い具合にいってたんですけどね、愛着もあるんですけれどね、資金もちょっと投入したんですけれどね、しかしながら、幅広のものを作るのならマフラーを繋げて大きくしたいなあ!と。こういう気持ちが出るところが手芸屋気質?なのかなあ。

 幅の狭いものを作る際は、そこかしこで言われてますが、小さい織り機の方が扱いやすいです、いやはや。こんなに整経って楽だったっけ?と新鮮な感動も。グラデーションを狙って今回も何本かの糸で経糸を張っています。途中で1本外したり、1本加えたりすることで変化が出るかなと。

 またこれも経験して発見したことですが80cmのものを作ってたときってやたら腹筋使ってることに気づいて驚き、今まで感じたことなかったです。なので咲きおり60と80の違いは「腹筋」です。
| 織り物 | 22:34 | comments(0) | - | pookmark |
織り機でひっぱる
JUGEMテーマ:趣味
 
織り機

 左から白菜、手前に移りまして切り干し大根、奥がネギ、アライさん一足早いバレンタインありがとう!!

織り機

 そう何度も改造咲きおりで引っ張ることもないのかも知れませんが、本当だよね、書いてて急にそう思ってしまった。そう思ってしまったのなら止めればいいのではないのか?と苦悩しつつ先にほろほろと進めますとソウコウを木で下支え(ガイドみたいなものでしょうか)これでしっかりした感じですね。もう大丈夫かな?
 咲きおり80はかなり反省点があったのですが、その一つは道具が揃ってないのに無計画にやらないこと!ですね。性格なんだけど。

 ソウコウは50羽の間に40羽を入れて、密度がなんとなく変わるのを狙って。

織り機

 じゃあ西インド諸島発見しにいこうか?と無計画な航海ではありましたが、糸を止める箇所に関しては意外にも上手くいってしまった・・良かったね、海荒れてなくて。カーテンレール?か何かに使われる木を使用してます。(元々の咲きおりは円柱の木)
 ここで経糸を固定するのですがどうしてなのか糸が外れなくて驚き。

織り機

 バーも80cm以上になってしまった訳ですから自分で変えねばなりません。8mmでピッタリでしたね。
| 織り物 | 01:59 | comments(0) | - | pookmark |
咲きおり80で運転開始
JUGEMテーマ:趣味
 
咲きおり80

 丸二日かかって作った?「咲きおり80」を恐る恐る始動してます。正確には咲きおり83.5くらいかな。80cmの物が織れる!という喜びよりは本当に大丈夫かよ、といった感じですね。あとで分かりましたがソウコウに問題が・・・もうちょっとアタッチメントの隙間を無くすべきだった、うう。

咲きおり80

 表側。

咲きおり80

 代わり映えしないですが裏側。咲きおり40二つを繋げたので補強が必要と思いそれなりにトンカンしました。糸に影響があると嫌なので塗料は避けて柿渋を(結構匂いますね)塗って。

咲きおり80

 ううう、後悔しても遅いですが経糸を張った後でソウコウがふにゃふにゃなのに気づく、うううう、真ん中で繋げてるんだからもっとしっかり仕上げなきゃいかんかった!だってー、接着剤とかなるたけ使いたくないからこれが良いと思って・・・ううううう。でもやり直せる範疇ですけどね。

 織り機には一長一短がありましてこの咲きおりはソウコウから糸が外れやすいのが欠点。ですが逆に糸をセットしやすいのが利点です。グラデーションを意識して経糸を作ったのでなるたけ壊さないように(絶対壊れますけどね)修復作業にかかりたいですね。色の様子を見ながら経糸をセットできるのでこういうところは自分向きな織り機だと感じます。

 あと、ローソクストーブって流行ってるのかな?このワードで来てくださる方がいらっしゃるようで、私も全然あったまらないけど好きで毎日火を灯してますね。
| 織り物 | 22:23 | comments(0) | - | pookmark |
出来上がらないと困るぞ
JUGEMテーマ:趣味
 
出来上がらないと困る

 それでは「咲きおり40」を二台用意しまして、

出来上がらないと困る

 丁寧に分解していきます。新品来て早々破壊へと導くわけですからね、そんな2015年です。しかしまあ何年も持つように頑丈に作ってくれたので(良いことですよ、ほんと)苦労するよ!組み立てキットとか出してくれたら嬉しいんですけどね。ネジ等をとって、とんとんとんとん木槌で枠を外す作業です。
 実は取り寄せる前に手持ちの織り機で少し実験はしてました。

出来上がらないと困る

 私は木工をやらないため技術に乏しいですが、従事してる方だったらもっとスムーズに行くと思いますね、そしてもっと安価に。
 なんか上から押しつぶしたかのような、織り機本体の縦横の比率が著しく悪いけど大丈夫かな・・別に二台購入せずとも(出費が泣ける)出来たのかも知れませんがある程度ガイダンス?がないと厳しいかなと思って。規格は同じだろうから二つ合わせりゃ二倍になる、という単純な考えです。
 部品は余るのでまた別の機会に別の織り機にチャレンジする、かも知れませんね。
 
 さあ、ここでお手製のソウコウと本体の長さが合わず、予想どおりやってみると色々不具合が出てきます。真ん中で繋げてますからこのままだと耐久性に問題も。自作して前より使いづらかったら意味ないですからね、織りたいものがあるからやってるのよん。

たわし

 そう、なんでもそーですよね、やってみると思ってたのと違う!ことばっかりですがそれもまた楽し。こんな子いるのかなあ。(はじめてのかぎ針より)
| 織り物 | 22:34 | comments(0) | - | pookmark |
「咲きおり」ソウコウ、80cmへ
JUGEMテーマ:趣味
 
改造

 昨日の続きになりますが、現在咲きおりのソウコウを分解し80cm用に変えています。織り機の道具は100cmの幅を織りたいなら100cm以上の織り機が必要だし、80cmも同様です。編み物と違うのは初期設定があることかな?

 で、残念なことに咲きおりは60cmまでなんですよね。織ったものを繋ぎ合わせてもいいんですけどもう少し幅広い物を織りたくなってきたのでした。でも私は咲きおりファンですので、このソウコウがいいんですよ、だから別のに変えたくないなあ、と。
 上からパチンと設定できて楽、うん、それも魅力。だがしかし沢山の糸を一箇所にはめ込める、尚且つ色の雰囲気を見ながら整経できる(長さを測れる)ところが自分向きかなあと。ところで今日来て下さったお客さんはアッシュフォード織り機のソウコウを改良して100羽を作りました、とおっしゃってました。凄い!好きだからこそやっぱカスタマイズはするべきだ。

改造

 ゲルダボっていう金具が一体なんのために使われるかわかりませんが、業者さんがこのような使い方を望んでいるかどうか。
 40cm幅、二つのソウコウを用意してくっつけます(もしかすると40cm幅オンリーだと羽の数が足りないかも)横のボルトを外し、かの8mmのゲルダボをねじねじと取り付けて、そこにもう片方のソウコウを付けました。ナットだと大きすぎてソウコウの規格に合わず、結構無駄足も踏みましたね。わかってしまえば何てことはない、でもそれまでがですね。しかしながらソウコウの完成です、結構重みがありますね。

 この織り機は60cm幅のままですからソウコウが出っ張ってます、正確には82cmくらいかな?勿論これでは織れませんから後はいよいよ本体です。ここまで来ればあと一歩!何故なら、ソウコウが一番の砦だったからです。ソウコウさえ出来ちゃえばどこまで使いやすく完成度を上げられるかですもん。
| 織り物 | 20:50 | comments(0) | - | pookmark |
<< | 2/3PAGES | >>