CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
太田屋糸店HPはこちらです
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
三年目、四度目はどうなることやら 〜3〜

JUGEMテーマ:趣味

 

 

 まだまだ勢いがありますが、長く続いて欲しいなあ。

 

 

 左端のバンブーファイバーが一番染まりがいいですね、手紡ぎ綿も割といいような。

 

 

 イラストも久方ぶりに。

 

 

 推測ですがウールの布は効果的だったのかなあと。余計な水分を吸収してくれてる、気がする。

 

| 染色〜7〜 | 02:13 | comments(0) | - | pookmark |
三年目、四度目はどうなることやら 〜2〜

JUGEMテーマ:趣味

 

 

 なんということでしょう、三日目にして紫の膜で覆われています。

 

 

 かき回すと、匂いも完全に発酵した藍。液もねちねちしています。普通にフスマを入れたら普通に建ってしまった・・

 

 

 これは前日のもの。今回から今まで使ってた吸水シートの代わりにウールの織り地を使用、かぶせます。その上に蓋をしました。これも効いたのかも知れません。

 毛糸の植木鉢を作って以来、もしかするとウールは吸水性もあるし(撥水性もあるけど)余分なものを吸い取ってくれるのでは?と考えて藍建てにも活用してみたんですよね。

 

 

 そして四日目。下処理を忘れてそのまま投入した糸、一晩経っても糸が浮かんだ状態で何やら嫌な予感もしますが、

 

 

 まあこんなもんかな?これからいつものように泣き笑いがあると思うんで気を引き締めていきましょう!桃太郎が無事に鬼が島から帰って来られるかどうかはまだお爺さんにはわかりません。

| 染色〜7〜 | 21:39 | comments(0) | - | pookmark |
三年目、四度目はどうなることやら

JUGEMテーマ:趣味

 

 

 Oさんからいただいたタデ藍、すくすく成長しています。

 

 

 さて、やるぞ!と気合を入れたところで建って(発酵して)くれるかどうかは藍ちゃん次第です。灰汁を熱していよいよ仕込みにかかろうじゃあないか。

 

 

 と思ったら、今回は入れた灰汁の量が多すぎたためかムースのようです。スクモのふわふわ感が心をかき乱します・・練るともちゃもちゃしてるし。

 

 

 いつものようにオートヒーター、消石灰もそれなりに入れて、そしてフスマも抵抗なく今回から入れます。様子が見たくて投入しない方針でいましたが結果的には短命だったものですから。初心に戻って普通にやってみましょう。

| 染色〜7〜 | 10:06 | comments(0) | - | pookmark |
矢板からわざわざ

JUGEMテーマ:趣味

 

 

 こうやって見ると机の上がごちゃごちゃしてるように見えますが日の当たる角度のせいじゃないです。

 

 毎年矢板で綿を育てて下さってるUさんからのご紹介で、一緒にAさんがお見えになって初めての織りの講習です。

 

 

 Uさんが来られてから6年目になるでしょうか。以来コツコツと作りためて現在では色んな人に贈ったり道の駅に出したり、続けることが何より凄いことなんだと今では思ったり。染めたり織ったり、生活の中に染み込んでいるんだなあと。

 

 

 Aさんは二回で仕上げることが出来ました、経糸を張ることさえ覚えられたら上出来だと思います。ほんとにわざわざ矢板からありがとうございました!

| 染色〜7〜 | 09:55 | comments(0) | - | pookmark |
三年目、三度目も失敗する

JUGEMテーマ:趣味

 

 

 桜は満開、春ですね、ほのかな桃色は私たちの心を和ませます。

 

 

 そして藍の華、咲くことはありませんでした。この私の心をどうしてくれようか、くれまいか。

 

 

 ううう。ううう。ううう。

 

 うを何回連ねても時は戻ってはきません、しかし戻ってこい!二日目!

 

 最初調子良くいってまして、お酒、フスマ、両方なくても建つのかしら!?とさえ思った三度目の藍建て。もう次からはちゃんと設定して入れるものをキチンと入れていきます。

 原因は「微生物過多」じゃないかなー?と。灰汁を勿体ぶって使用したために発酵するスペースが無くなっちゃったんじゃないかな?と。そういえば一昨年同じような雰囲気だったんですね、スクモがねっとりしてたというのかな?建つには建ったけど寿命は短かったように記憶しています。

 

 乾いてる手持ちのスクモが無くなってしまったので、日を置いてまた再度挑戦します。失敗ばかりで生産者の方には申し訳ない・・

| 染色〜7〜 | 23:58 | comments(0) | - | pookmark |
発酵が進みすぎて・・

JUGEMテーマ:趣味

 

 

 あれよあれよと上手くいってたかのように見えた藍建てですが、まあ落とし穴はいつも落ちてるので相変わらずなのですが三日目あたりから臭いがちょっとマズイなあと。

 

 

 紫の膜もチラチラあったので試し染めしてみましたが(一晩つけておきました)色が弱いです。まだ熟成してないので当然と言えば当然なんですが、

 

 

 やはり勢いが弱まってるのかなあと。

 

 

 今回はひと月寝かしておいた灰汁がかなり効果があって、ウハウハしてたわけですね。ところが作っておいたものが少量だったので出し惜しみしたのが良くなかったみたいです。

 

 いつもよりも発酵が進んでしまったので水分が足りなかったのかな?と自分なりに思ってます。それと「お酒」「フスマ」今回は経験的に見ておきたかったのもあって両方入れませんでした、つまり建つには建ったけれど弱い発酵だったんだなあと。ともかく一寸先はなんとやらですね。とりあえず様子を見て原因を探っていきたいですね。

| 染色〜7〜 | 00:09 | comments(0) | - | pookmark |
イチゴも藍建てもいっしょ

JUGEMテーマ:趣味

 

 

 藍建て、今年三度目を開始しました。スクモが残りあとわずか、オンリーワンであったせいでためらいも、そして連続のイベントもあり、結果的に一呼吸して今こそ再々チャレンジとなったわけであります。

 

 

 この空白の一ヶ月(と思う)が功を奏してなんでしょうか、灰汁をずっと寝かせてたんですね。いざバケツから出してみると色がいいじゃありませんか、いや、あーりませんか、かな。琥珀色の綺麗な灰汁は見るけれど更に濃い色だと思いますね、ぎゅっと濃縮してる感じ。

 

 

 そして灰汁を注いで二日目、早速照りが出ています。

 

 

 いい感じですね、消石灰と灰汁(とオートヒーターと保温ジャーと)だけで発酵してくれたら嬉しいですね。ここで裏切られることもしばしばなので見守りたいところ。

 

 

 一方、こちらは液肥づくり、空気清浄機のぶくぶくです。中には堆肥、鶏糞(発酵してるためあんま臭いはしない)土、石、そんでイチゴなどが入っています。灰汁も琥珀色ですが液肥も熟成するとやはり照りのある琥珀色になります。

 

 

 読み返しますと「自然が教える農業のお手本」が発行されたのが三年ほど前。この本では挿絵を描かせていただいて、挿絵を描かせていただいて、と何度も繰り返しお伝えしたい、私は挿絵を、そう、描かせていただいたんですね。液肥づくりの図も描いたはずなんだけど確認しながら、こんなんだっけ?とか。

 

 

 イチゴの花も割と咲き始めました、白く可愛い花ですね。羊毛を使用して育てようと考えていたものの、現在は軽く上に乗せてるだけの仕様に。ミツバチが来てくれたらいいんですけどね、自分で受粉しないと駄目かな。

| 染色〜7〜 | 22:07 | comments(0) | - | pookmark |
3年目の藍 〜8〜

JUGEMテーマ:趣味

 

 

 前回は一週間、今回は5日、なぜに藍の寿命が縮んでいるのでしょう!?まだ写真のときは救いようがあったと思いますが、色々手を尽くさなきゃ良かった、やり過ぎはなんでも良くないですね。

 

 藍の管理は本当にムツカシイです。

 

 

 この時はまだ薄く青くはなってますが現在は、あああ、と蓋を開けると口をついて出てしまいます。

 

 

 収穫はこれだけ、でも良い色だったんですよねー、あああ。

| 染色〜7〜 | 00:37 | comments(0) | - | pookmark |
3年目の藍 〜7〜

JUGEMテーマ:趣味

 

 

 まずは約五日で無事に建ちました。五日と言っても下準備がありますからね、寝かせたりなんだったり。結局そっちの方が長くかかるものなのかな?

 

 それにしても焦らずゆったりとした大らかな気持ちで、自由に伸び伸びと、と思っても心配で毎度毎度チラチラ蓋を開けつつ覗く行為を藍の方は苦々しく思ってるかも知れませんね。おちおち落ち着いて発酵してらんないよと。

 

 

 今年二回目の藍建て、前回の一週間を越えるべく、コストのことも考えていただいて細く長く続いて欲しいなあ。

 

 フスマ無しにこだわっているわけではありませんので、もしこっちの方が都合が良かったら遠慮なく投入することにします。まあ現在のところはスクモ酒で結構安定して建ちそうなので。そう考えると本当にちょっとしたことが大きな違いを生むんですね。

| 染色〜7〜 | 00:41 | comments(0) | - | pookmark |
3年目の藍 〜6〜

JUGEMテーマ:趣味

 

 

 さて、前回3年目の初めての藍建ては成功したものの・・ものの一週間で下り坂となってしまいました。思えば建てるよりも維持する、マラソンで言うところの、と言いかけてこの例えで例えられるのか自信ないけどマラソンで言うところのペース配分ってやつがムツカシイんですね。猛ダッシュしてくたびれても駄目だし、遅いとエンジンかからないままリタイアするし。良いペースを長い時間保つことが肝要なのかなあと。

 

 例えられました。

 

 

 あと二回ほどスクモの在庫があるのでとにもかくにも実践です。闇雲にやっても駄目なことはわかってますので、イラストのとおり狙っていこうと。

 

 いつもどおり5.4リットルの甕にだいたい600gくらいのスクモを。スクモと同様、灰汁は5日ほど寝かせました(木灰、スクモ、オートヒーターを入れて温めました)

 灰汁を指で触れて、熱っ!と思うくらいに温めて一気に五分目まで入れました。

 

 消石灰も小さじ2,3杯。ただし今回は一旦お椀に取って、そこに液を流してかき混ぜてから本体に投入。

 

 

 これは二日目の藍です。心なしか表面に張りがあるような、とここで調子に乗って灰汁を入れ過ぎたのが不安でしたね。スクモ酒もちょこっと入れて酔っ払わせて拙い行動を忘れていただきましょう。

 

 

 これが三日目、よほど昨夜のことが忘られないのか、ここから心配な状態に・・泡と匂いがどうかなーと。甘ったるい匂いは怖いですね。

 

 

 とにもかくにもかき混ぜてねちねちさせていきます。

 

 代わり映えの無い写真が続きますので趣向を変えまして、

 

 

 現在Oさんのアドバイスで染めた糸サンプルをメモしています。こうやって眺めると結構染めてますね。

 

 

 そしてこれが現時点での藍の様子です。消石灰を少しずつ投入していこうと(前述のとおりそのまんま入れるのでなしに)。私の場合は消石灰があった方が建ち易いのでちょこちょこ入れていくことにしています。

 

 匂いもなんとなく良い感じなのでここでオートヒーターを予定どおり外しました。今回もお酒だけで発酵までいけたらいいんですけどね。

| 染色〜7〜 | 02:20 | comments(0) | - | pookmark |
<< | 2/3PAGES | >>