CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
太田屋糸店HPはこちらです
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
発酵させて染めたい
JUGEMテーマ:趣味

紫芋

 昨年から始めてあまり上手くいかなかった「がまずみ」でしたが、その後も発酵させたもので染色したらどうなるのか?藍建ての影響でしょうか興味が沸いてくるように。
 これは紫芋で染めた、やはり色目がぼんやりした糸であります。

紫芋

 紫芋フレーバー、紫芋の焼酎をお湯でといたものを混ぜて熱をかけて発酵できるかな?そう思って1,2日経っても特に変化はなく。おかしいな?と言ってるこっちがおかしいわけで、そこでインド藍のときに使用したレンズ豆、そして煮た大豆を入れた翌日になんとなく発酵したっぽい泡立ち。
 
 藍建てですっかり発酵させて染めることの不思議さと面白さを感じたり。しかし毎度思うことですが、やったあとで、あああ、と後悔しきりなのです。こけながら自転車の運転は上手くなっていく、はず。
| 染色〜3〜 | 02:10 | comments(0) | - | pookmark |
よく考えたら二度目じゃなかった
JUGEMテーマ:趣味

インド藍

 まあ再チャレンジ二回目ということで。前回の藍は木灰でとった灰汁を入れましたが今回は貝灰液を使用しました。すくもに以前貝灰液を豆乳、投入したときがありましたが入れた途端に変な臭いが立ちこめて・・というように不安を抱えながらも結局やってしまいます。アルカリだったら何でもいいってわけでもないのかな?

 重量は、甕が5リットルで、干し葉藍が150gくらいで、粉末が30gくらいでしょうか。甕の五分目くらいまで注ぎました。

 また、もしかすると熱湯に干し葉藍をさらした後、この液(少し赤味があった)を捨てたことが後々影響したのかも知れません。

インド藍

 またしても描くの忘れちゃったけど黒砂糖も入ってます、レンズ豆は初めに50gくらい入れて、発酵が大人しかったらまた煮て入れることをしています。
 インド藍は個人的にはかなり放任主義で、自分の好きなように生きてみなよ!全くもってかかりっきりで見てますという感じではないですね。何度か染めてますが綿よりもシルクの方が染まりが良いような。わからないのは緑色だけでなくムラに染まって紫がかったりと、やはり初代インド藍と同じように青に紫、緑に紫、という具合に色味が出ること。わからないことがあまりに多すぎますねえ。

 でも面白いですよね、緑でも青に対しても「紫」が出るんですからね。この理屈は是非とも(是が非でも)知りたいものであります。恋人はーワイン色ー、インド藍ー緑色ー。
| 染色〜3〜 | 01:32 | comments(0) | - | pookmark |
代わり映えしませんが2
JUGEMテーマ:趣味

がまずみ

 藍建て3日目、たで藍酒を入れて反応がどう出てくるのでしょうか。今回は消石灰も入れてあまり変なことにならないように、と言っても変なことやってるから手遅れなのかな。

藍

 これが4日目です、泡が随分しおらしくなって参りました、大人の女性へと変貌してくれるような感じだったら言うことありませんけど不安です・・匂いが相変わらず甘ったるいなあ。でも初日の写真と見比べると、あ、でも何とも言えねえや。
 期待は勿論していますが願望言ってもしょうがないんですよね、もう設定して動き出しちゃったので。

インド藍

 同じようでもこちらはインド藍(初代)です。現在、表面青っぽくなってきてます、多少温度は高め。

インド藍

 新しいインド藍の方はは炭酸のようにしゅわしゅわ。これがどうして緑色に染まるのか理屈がわからん。干し葉藍を入れるタイミングかなあ・・最初に入れるのと後から入れるのとでは違いがあるかもわかりませんね。
| 染色〜3〜 | 23:00 | comments(0) | - | pookmark |
代わり映えしませんが
JUGEMテーマ:趣味

がまずみ

 まず一生分「がまずみ」って言葉を使用していますがそのがまずみ、発酵自体はしているようです。

がまずみ

 手前から、がまずみ、新しいインド藍、初代インド藍です。一晩液に浸けた状態で染めましたが薄紫、グレー寄りかな?ハッキリした色味が欲しいなあ、ということで

がまずみ

 少々がまずみ液をすくって熱して色を取ることにしました。

がまずみ

 写真より気持ち濃い目で悪くはない色です。が、糸が傷んでしまいました!ううう。シルクふわふわ感が冬場の肌ガサガサに退化、やり方が悪いからに他ならないわけですけどまたこれで一つ勉強です。失敗しなくちゃ勉強にならないんじゃコストがかかってしょうがないですね。
| 染色〜3〜 | 22:46 | comments(0) | - | pookmark |
初仕上げ
JUGEMテーマ:趣味

初織り

 今回からTさん、Oザキさんに糸を選んで整経していただいて(今までは経糸は自分が設定してました)そして初の織り上がりです。
初織り

 色いいですよね、自分が染めておいてなんですが。経糸が草木染の、なんだったかな・・(これは私が染めたものじゃないです)緯糸は藍染めの糸でした。一ヶ月かかるとかおっしゃってましたがそんなことはなかったですね。

初織り

 Oザキさんもいつもどおり丁寧に仕事をされて途中で修正したりしながらも無事に完成です。お二方ともすばらしい!お世辞抜きに良いです、ありがとうございました!
 
| 染色〜3〜 | 22:32 | comments(0) | - | pookmark |
緑色になったり泡立ったり
JUGEMテーマ:趣味

インド藍

 写真だと分かりにくいですが左が最初のインド藍、右二つ目のインド藍、というように片方は紫がかってもう片方は緑色になってしまいました。(現在、最初の甕はまた青色に戻ってます)どうなっとるんじゃい。

インド藍

 粉末インド藍とぐつぐつ煮た干し葉インド藍、その二つを貝灰液で浸した結果こうなってしまいました。薄緑が出るこの不思議さよ。最初の甕はやり方も分からず途中で干し葉藍を投入、今回は最初からの設定ではありましたけど、ほんとにどうなっとるんじゃい。緑色は本来出ないはずなのに・・・

 藍

 また冒険の終わり、最終ダンジョンのような雰囲気のこちらがつい先日仕込みました藍甕(すくもの方)の様子です。

藍

 初めはこんな感じで大人しかったのです。お湯で薄めたタデ藍酒を入れた翌日にああなりました。今までで一番クリーミーで、今までで一番甘ったるい香気を放っています。この船、ちゃんと目的地へ向かってるんでしょうか。
| 染色〜3〜 | 23:32 | comments(0) | - | pookmark |
紫だちたる
JUGEMテーマ:趣味

インド紫

 先日保温ジャーのスイッチを入れ忘れたインド藍、その後どうしてか紫がかった色味が出現。ひょっこりやってくる遠い親戚と言ったところでしょうか。
 元々、乾燥インド藍の葉は紫に(ハイドロなんかで染めるらしいけど)なるそうで、そういう意味では発酵して紫色になるのも頷けるというもの。

 うむ。

 しかし青色も同時に染まっているところからすると今もってよく理解できません。

 うーむ。
 
 このまま発酵を続けていってみたいと思います。


がまずみ

 こちら先日いただいた「がまずみ」を乾かしました。乾いたがまずみに熱した「灰汁」を注いで発酵を促せるのか。

がまずみ

 そういった考えから灰汁をたんまり投入したものの、やってから、あ、とわかることがあるのです。いつだって気づいたときは手遅れなんですよね。一度お酒なんかにつけておいても良かったかも知れませんね。ぶくぶくしてますがちょっと色が出なさそうな雰囲気です。

 さて、ここからちょっと違う内容の続きです。宣伝になるでしょうか。
 
続きを読む >>
| 染色〜3〜 | 22:10 | comments(0) | - | pookmark |
インド藍も飲んでみよう
JUGEMテーマ:趣味

坂道

 恒例という訳でもないですが宇都宮美術館に続く坂道を一度も足をつかずに自転車でかけのぼる行事です。割とやれるもんですね。

インド藍

 すくも藍の仕込みは後日する予定ですが、最近はめっきりインド藍にかかりっきりです。ところが保温ジャーのスイッチを押し忘れてしまって・・すっかり液が冷めてしまいました。それでも腐敗には傾いていないかな。

インド藍

 さあ、せっかくの2016年、電力自由化の年でありますからこれは是が非でも年始に聖杯を掲げようと。すくも藍はなんとなくぼんやりしたうす曇りの味でありましたけど、インド藍は甘酸っぱい臭気(ほんとはこんな匂いじゃないらしいけど・・)を放っていますので結構期待できるのでは?と。

インド藍

 結果。

 文句なく「まずい!」です。おかしいな・・ベリー系の味を想像してましたが果たせず。豆もエサに使っているわけですがうーん、お湯で割ってとりあえず飲みきりました。ちびちびやりながら藍染めもするのが理想なんですが。

 飲んだ後 なぜかお腹が 温かい
| 染色〜3〜 | 12:32 | comments(0) | - | pookmark |
インド藍あてずっぽうイラスト2
JUGEMテーマ:趣味

インド藍

 これが現時点での結果です。インド藍の「インド藍です!」という色目にはまだ遠いと思いますが、爽やかな青色でもあります。動物性(シルク、ウール)の方が染まりが良い気がします。

 以前も何度か書いたと思うのですが藍菌ちゃんの好きな食事がわかれば、わー美味しそう!とエサを食べにやって来てくれるわけですので(その圧によってエネルギーが注がれる)じゃあ何がいいだろう?と。そう考えたら豆がいいのかな?と。
 インド藍はナンバンコマツナギなるコマツナギ属でマメ科のようでした。マメ科、なんだからそりゃあ豆がお好きでしょう、かつ故郷インドを想い起こしていただきたい、そんな心持ちでありました。が、なかなかどうして発酵に傾いてはくれたようでしたが青くは染まってくれず。染まったというより「色がついた」という言葉がしっくりくるかな?

 そこで乾燥したインド藍の葉(ネットで買いました)を煮てそれをあてがうことにしました。甕の液に対してこの葉中の菌が反応してくれるのでは?という期待です。
 これで成功・・と言えたらいいんですけどね。状態は悪くないもののまだ中途の段階だと思います。化学薬品を使わずに発酵させるだけなら一応は出来るのかな?と。ただそこにキチンと染色として通用するかなあ、となると色々課題はあるのかなあ、と。

 でも色だけでみるなら使えそうですね。2016年は色々チャレンジするだけでなく検証もしていきたいと思っております。
| 染色〜3〜 | 00:20 | comments(0) | - | pookmark |
インド藍あてずっぽうイラスト
JUGEMテーマ:趣味

インド藍

 簡単に出来そう、そう思ってチャレンジした前回のインド藍実験はなんだかよくわからないままに終幕、カーテン、ということで今回はちゃんと意図してやってみようと思ったわけですね。記憶は定かではありませんが約一ヶ月前に残っていた粉末インド藍を使用しての試みでした。


インド藍

 インド藍は固形状になっているようでありまして、色素を沈殿させて固める、故にすでに色素を閉じ込めている仕組みでもあるようでした。その代わりに化学薬品を使わないと青い色に変えてくれる菌が増えない(?)そんな情報がネットでありましたので、これは自分でも確かめてみようという興味も自然沸いてきました。

インド藍

 イラスト描いた後で気づきましたが・・重量とか書いてないですね。かなりいい加減ですがインド藍は60gくらいかな?

インド藍

 レンズ豆は100gくらい入れたと思います。なんせ最初の状態ですと有機物がありませんから結構フンパツしてあてがってあげないと発酵に導けない気がしましたので。黒砂糖も、あと貝灰も描いてませんが投入。
 
 2,3日もすると泡が絶好調という具合に。しかしながらこの時点ではまだ色が定着するような状態ではありませんでした。初めはなんとなく染まってる雰囲気がありますが、しばらく経って乾くと薄ぼんやりとした青味が残るだけです(これはこれで染まってもいるのかも)
| 染色〜3〜 | 00:06 | comments(0) | - | pookmark |
<< | 2/4PAGES | >>