CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
太田屋糸店HPはこちらです
MOBILE
qrcode
<< 毛糸の植木鉢の作り方、その3 | main | イチゴかどうかが分からない >>
今日も今日とて変化なし

JUGEMテーマ:趣味

 

 

 入れた当初はなんとなく良い雰囲気を醸し出していた灰汁ちゃん、しかしながらこの中に糸を入れて色が染まることはなさそうな雰囲気を現在は醸し出しております。なんでだよう。

 

 

 まったくもって訳がわからないと思いつつさらなる疑問が。

 

 少数民族のミャオ族の間でも藍染めがされており(というか世界でされんだけど)、

 

 

その中で好まれる衣装がピカピカしてる紫がかった生地なんですね。見てみますと、藍染めをした生地を叩いて(砧打ちってやつなのかな?)光沢を出すそうです。そしてそこに塗るのが、新鮮なブタの血とありました。

 

 これは自分が実行するのは現実的ではないものの、他には卵白をお酒で溶いたもの、水牛の皮を煮出してやっぱ塗りつけて叩くと思うのですが色んな方法でピカピカにさせるんですね。そうすると紫がかっていくみたい。

 

 なんで藍は紫色に染まらないんだろ?という疑問がありましたが染めた後に作業することを考えてもいいのかな?そんな希望を見出しつつ、発酵しない灰汁にヤキモキしつつ、哀愁を背中にまとい、迷える子羊なる雰囲気を醸し出していくのでありました。

| 染色〜8〜 | 13:13 | comments(0) | - | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 13:13 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする