CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
太田屋糸店HPはこちらです
MOBILE
qrcode
<< お久しぶり、ニットフエルトバッグ | main | 人生二度目の >>
イチゴランナー

JUGEMテーマ:趣味

 

 

 実がつかなくなっても、イチゴちゃんたちからランナーと呼ばれる触手?そんな物騒なものではありませんが次々と苗のようなものが出てきますね。本体から出てきた一番最初のものは外すようですが私の場合は勿体ないので使ってしまおう。

 

 

 以前、イチゴに限らず種苗法というものがあって新品種なんかは勝手に増やしたりしてはいけないみたいだなー・・ということで調べてみますと私の購入したものは(「章姫」というもの)2007年に権利?の有効期限が切れてて大丈夫そうですね。ちなみに我が栃木の「とちおとめ」も2011年に期限が切れており育てて大丈夫な品種らしく、しかも商標も登録されていないそうです。つまり誰でも「とちおとめ」と言って差し支えない、ことになるんだろか。現在は登録してから25年だそうです。(以前は20年とか15年)

 

 確かにイチゴはどんどこ増えていくため、そういう決まりごとを作ったのかなあ?とか推察。

 

 

 大根も実が大きくなっていくのが楽しみです。葉っぱも私の唇のよにツヤがあり、生き生きしています。なにかと唇と例えたい衝動にかられるのは、風邪かな。

 

 

 通りがかる人にも声をかけられるので気を遣って枯れずにいてくれます。虫の心配も今はまったくなさそうです、最初のころは青虫だらけだったのに、不思議ですね。

| 毛糸の植木鉢 | 02:15 | comments(0) | - | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 02:15 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする