CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
太田屋糸店HPはこちらです
MOBILE
qrcode
<< 準備だ準備だ | main | 綿を摘みに矢板へ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
「とちぎの縁日2016」ありがとうございました

JUGEMテーマ:日記・一般

 

とちぎの縁日

 

 いてててて、と昨日の疲れが今出てます。16日の当日、博物館入り口前の搬入時間帯の様子です、祝福の光が差してこのイベントの前祝いのようではありませんか。

 

とちぎの縁日

 

 ありませんか、と同意を求めることはなかったけれども散歩がてら来てくださった皆様、羊を手にとってくれた皆様、紡ぎ車を回してくださった皆様、商品を買ってくださった皆様、イベントを支えてくださった関係者スタッフの皆様ありがとうございました。皆様ばかりで恐縮ですがとかく無事に過ごせてよかったと思いました。

 

 搬入は自転車で(私は車に乗れないため)とろとろやるかー、と思って前日整理していたところ、どうにもこうにも荷物の量を見ると手がつけられない・・ということで急遽Oザキさんにお願いして一緒にテント張りからお手伝いしていただきました。またイベント終わりの最後までOさんと一緒に残ってくださり、私一人ではなにも出来なかったと思います。OザキさんOさん、ありがとうございました。また差し入れしてくださったTさん、Oガワさんにも重ねて御礼を申し上げます。

 

 村下孝蔵さんの「私一人」って歌があるのですが、結局一人で生きてはいけないってことですね。

 

とちぎの縁日

 

 当日は晴天に恵まれ、とかく屋外イベントは天候が命です。縁日の翌日は雨ですからね、これも日ごろの行いの悪い人よりも良い人が多かったから相殺されて、まあ何となくよかったんじゃないでしょうか。10時前はまだまだ落ち着いた様子です。

 

とちぎの縁日

 

 10時過ぎると人がごった返します。私は朝10時から終了の3時までべったり紡ぎ車の前にいたため出歩くこともそれほどなく、もうちょっとオーガニックな方との交流が出来たらよかったんですが、また何かしかの交流が出てくるのではないかなと。オーガニックコットンの方とはもうちょっとお話(綿繰り?体験)したかったなあ。

 

 で、私は元々あんまりお祭りイベント事は好きじゃないって言いますか、どっちかっていうと緊張するので苦手なのです。しかしこの「とちぎの縁日」は昨年訪れたときに雰囲気が良くて、今まで色んなイベントを見たり参加させていただいたりもしましたがほんとにいい感じだなあと思いました。それで「森の扉」今回の主催Nさんのお誘いもあってありがたく出展の運びとなりました。

 

 実は前日にたまたま会場の様子を見にきて準備されていたNさん他スタッフの何人かの方にご挨拶できたのですが、影で支える方あってこそなんですよね。スタッフだから当たり前だろ?っていう人もいるかも知れないですがご苦労あってのことであって、そういう方の雰囲気がイベントに影響しますしね、だから何事も主催の方の意図って重要なんですよねー。

 

 たぶん出展された皆さんは別段特別なことをしてるわけじゃないと思うんですよね。なんかそれが良いっていうか、自分としても参加させていただいてありがたかったし、なにより楽しかったです。

 そして持っていった貝紫、藍の糸を見る人はほとんどなく、それもなんとなく面白く。羊は随分と手にとっていただいて、まあコツコツやってるのが良かったのかなあと。とかくお疲れ様でした!

| 日常の一コマ〜21〜 | 11:59 | comments(0) | - | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 11:59 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする