CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
太田屋糸店HPはこちらです
MOBILE
qrcode
<< O−AME | main | アミ >>
50→100
JUGEMテーマ:趣味
 
技法

 試してみたいことがありました。以前から50羽以上の細かい織りがしたいなあ、と思っていたのですが何故か新しく織り機を買おうか検討はすれど結局その気に(今後はわからないけど)ならず。

 言ってることなんだかわかんないと思いますけど、細かい織りをするには細かい道具が必要なんですね。私の織り機は単純で使いやすいがそんなに密度が濃くないっていうのかな。これはこれで愛着もあるし、何より糸をかける際にデザインし易いのでどーしたもんかなー、というところでした。

 んで、経糸の本数に変化をつけて織るのが私の中の流行なのですが、思い付きから上手くすると上手くいくかな?と感じつつ、でも注文仕上げなきゃいかんし、とも考えが浮かびつつ、でもなんだかんだでやるよね、そういう理由で試してみました。

技法

 ワタクシ、本の挿絵も手がけたことあるんですよ、本当です。この絵の技量をどうぞご覧下さい。

 つまりは、頑張れば、30羽は60羽になるし、40羽は80羽になるし、50羽は100羽に、ということになるでしょうかね。私は密度の高低さ、ギャップを付けたいという意図のもと。
 経糸をひとつのところに何本が一緒にして張ります。

技法

 なんのことはなくて・・・その隙間に針で糸を通すだけです。こうすると密度が倍になる、と。
 慣れないので無茶苦茶時間かかってしまったが仕上がりに違いは出るでしょうし、やってて面白いですね。色もてきとーに変えられるのでしばらくこれでやっていこうかな。
| 日常の一コマ〜16〜 | 01:50 | comments(0) | - | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 01:50 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする