CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
太田屋糸店HPはこちらです
MOBILE
qrcode
<< なんとーかー菌 | main | おかしいと思う >>
縄文笛コンサートへ
JUGEMテーマ:旅行
 
能舞台

 ふーん、と思ってる間に秋が来て、全然ブログ更新してませんでしたね。

 秋深し 隣の家の 法隆寺

 縄文笛毅さんのコンサートが磯子の久良岐能舞台で開催されるということで行って参りました。いつも福祉施設やお食事処で聴く機会が多いのですか、今回私は初めて能の舞台に馳せ参じたわけです。そしてこの日、舞台に天女が舞い降りる予定でしたが白足袋履いてないと上がれないらしく(例え履いてても上がらせてもらえるんかいな)磯子の星がまた一つ消えたのでありました。

 グラタンか ドリアで迷って 蝉時雨

能舞台

 舞台での撮影は控えました。入り口です。緑豊か、と安っぽい言葉ですが。
 携帯も7.8年目であるせいか晴れの日は光が強すぎて真っ白く写っちゃうんですよね。でもしばらくじっとしてるとたまにマトモな画像に戻るときがあるので、それまで粘って撮影することにしてます。

能舞台

 こちらが能舞台の外観。天女が舞台に舞い降りてバタバタと追いかけられることはありませんでした。
 そんなことより縄文笛さんの演奏は素晴らしく、舞台の雰囲気ととてもマッチしていました。以前にも書いたことありますが縄文笛の音色というのは風が天井を突き抜けて宇宙へ抜けていくようなイメージです。そしてやっぱりどこか土っぽさがあるんだよね。私の脳みそも一緒に連れていかれてしまう感覚に。縄文笛さんの演奏の合間合間に挟まれるMCも和みました!
 ほんとに来てよかったです、満席に近い状況でこちらも安心?しました。皆さん満足して帰られたと思いますねー。

縄文

 これがファンが泣いて喜ぶ、青森県十腰内遺跡?から出土した土器のミニレプリカです。子供のような顔にも見えますよね。ある人は私にそっくりで驚いた、とまで言う始末。まあ愛嬌ある顔ってことかしらん?
| 日常の一コマ〜15〜 | 00:35 | comments(0) | - | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 00:35 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする