CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
太田屋糸店HPはこちらです
MOBILE
qrcode
<< はじめての伊勢神宮 | main | 武蔵小金井で白石清春さん講演会 〜その1〜 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
武蔵小金井で白石清春さん講演会 〜その2〜
JUGEMテーマ:旅行
 
白石さん講演会

 大ファンである縄文笛さんのミニコンサートも行われました。フルートの音色も素晴らしい。

 縄文笛の音色?というか風って感じなんだよね、有給の時、ちがう、悠久の時、なんだか縄文時代にこんな音を聴いたのかな?とか思うと泣けてきちゃうんだ、繊細なA型なんだもの。放射能に関する重たい話でしたけど縄文笛の音色が全て揉みほぐして変化させてくれたような心持ちでした。ほんとに全身を風が吹き抜けるのです。

 ここで白石さんのお話のことも。

 震災後も障害者の支援をされてきた白石さんですが、置き去りにされてきた現実と、福島からの自主避難の壁。もちろん各方面からの援助もあったことも報告されてました。

 障害者の場合は介助する人、環境(施設)などが整っていなければ避難は難しい。また仮設住宅では生活に支障もあります。
 なので白石さんとこの支援センターでは、福島から自主避難する人を後押し、支援しています。

 ただ、現在は介助者不足も深刻で白石さんの「あいえる」もギリギリの状態でやってらっしゃるそうです。そんな中でも、小さいお子さんを持つお母さんに(ヘルパーさんに)、「福島から避難しなさい」と後押ししたこともあったとか(これはSさんからの補足で聞いた)白石さん涙ぐんでましたね、泣ける。
 それと介助者の不足を埋め合わせるために都心部から福島へ若い人が来ている逆転現象?もあります。
 
 なにより、こういったことがキチっとした報道されてないこと。私も今回マスメディアがどういうもんなのか、感じることがありました。二次会では貴重なお話も聞けましたね。
 
白石さん講演会

 全然関係ないけど終了後に歩いてたらお祭り。阿波踊り?なのかな。

 相変わらず私は写真がすこぶる下手だな・・二次会の画像もブレブレだったので割愛、絶好調です。
 お母さん方とお話ししてみますと、やっぱ「放射能のことを口に出せない」雰囲気、とおっしゃってますね。一年以上経っても動いているのは一部の人。放射能の影響かしら、と思ってお医者さんにお子さんと一緒に検査に行くとお母さんの精神的な疲れと思われたり、など。自主避難しても恋しさから故郷にまた戻ってきたりもあるとか。

 そんな中でも潜在的な不安を抱えた人は沢山います、保養の支援をされてる女性がいらしたり、こうやって人と人を繋げていこうとするお母さんがいたり、やっぱこれからは母性の時代ですのね。うふん。
| 日常の一コマ〜15〜 | 17:51 | comments(0) | - | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 17:51 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする