CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
太田屋糸店HPはこちらです
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
2019年、藍建て〜割と染まる〜

JUGEMテーマ:趣味

 

 

 うん、爽やかな色に染まりましたね。前回育てたタデ藍、そいつで作ったスクモでは浅い色合いだったのでそこに重ねたりしてます。この糸は白の綿単独。ちょっと分からないのは茶綿ですね。

 

 

 一番左は染めてない茶綿ですが緑にならずに茶色が濃くなるんですね。

 

 

 染めた糸は灰汁に一旦漬け込みます。この灰汁を使用し出してから(建つ、というだけなら)失敗がほとんど無くなりました。

| 染色〜9〜 | 01:25 | comments(0) | - | pookmark |
2019年、藍建て〜6日目で経ちました〜

JUGEMテーマ:趣味

 

 

 細かいスクモが付着してます。5日目、夕に茶綿を放り込んで朝に取り出します。スクモの量は一掴みで重量測っておらず、灰汁も2リットルに満たない量ですね。消石灰は割と入れてあります。フスマは今回追加なしで様子を見る予定です。

 

 

 本体よりも括っている糸が染まっているのは藍染めあるあるですね。茶綿は所々染まっていますが全体には色が馴染んでいませんでした。

 

 

 では、このような形で今回の目的であるウールを染めてみます(使用したいものがあるので)アルカリに弱いウールはあんまし藍染めには向いていないと聞きますがどうでしょうか。

 

 

 ウールは過去にも何度か試みていまして、その度に染まりは悪くない気がします。でもちょっと藍が元気なくなる気がしますね・・吸水性に富む素材だから糸に微生物持っていかれちゃうからなのかなあ?

 

 

 糸が弱るのは別として染まり良いですね。ハードルの設定が相変わらず低いためすでに満足しています。

| 染色〜9〜 | 23:53 | comments(0) | - | pookmark |
2019年、藍建て

JUGEMテーマ:趣味

 

 

 

 発酵臭はしていますがまだ青くはならない3日目。

 

 

 今回は新たな試み、というか・・実は3年ほど前に試してみようと思って、以来すっかり忘れて放置していたスクモがあったのでした。

 

 海外では米糠が手に入りにくいそうで、糠漬けの代わりにフスマ(小麦の外皮)を使うこともあるのだとかないのだとか。ではフスマでスクモ(発酵させたタデ藍の葉)を漬けてみたらどうかしら?と考えてやってみたんだと記憶しています。当時は失敗ばかりで腐らないように腐心していたのではないかと。

 

 混ぜ合わせる際には多少のお湯と多少の塩も加えたような。初めは全く馴染まなかったものの時と共にフスマとスクモが仲良くなる様はまさに「味平カレー」さながらであります。カレールーに醤油入れちゃうやつですね。

 

 

 ブラックカレーさながらの(スパイスに麻薬入ってるやつ)表面の色ではありますが、なんだって包丁人味平で例えてしまったのであろうか?という後悔も携えつつ藍建てスタートです。途中でフスマは投入せずにこのままいこうと思うので、失敗したら生産者の方すいません。

| 染色〜9〜 | 21:15 | comments(0) | - | pookmark |
自作のスクモで建ててみよう〜4〜

JUGEMテーマ:趣味

 

 

 約1週間で青色が出なくなって腐敗に傾きそう(もしくは傾いてる?)な雰囲気です。これにて自作スクモは終了。

 

 

 次に命を繋げるために灰汁の中に液を入れます。

 

 

 さほど染まっていないのもありますがだいたい70gほど染めました。なんかこう、青ですー、という主張はないもののやはり藍であり、水浅葱であり、ジャパンブルーでもありおかしくもあり。ポケットの中にビスケットはなし。

| 染色〜9〜 | 02:15 | comments(0) | - | pookmark |
自作のスクモで建ててみよう〜3〜

JUGEMテーマ:趣味

 

 

 一週間ほど経過して大抵この辺りから息切れしてくる頃かなあと。染まってくれりゃあ御の字と思っていたのでよく頑張ってると思います。

 

 流石に最初の頃のような、書道室のような匂いはなくなってきたけれど。

 

 

 少しずつ

 

 

 負担をかけないように染めていってます。なかなか爽やかで使い易いんじゃないかな。

| 染色〜9〜 | 01:51 | comments(0) | - | pookmark |
藍の色々

JUGEMテーマ:趣味

 

 

 久方ぶりに(夏が異常に暑かったため)Oザキさんがいらっしゃって織りの教室です。その前におでんいただきました!わざわざお鍋ごと持って来てくださいました、いつもありがとうございます。

 

 

 前回、途中までどのような感じだったか私も忘れていましたが・・作業を終えて改めてみると、終盤に藍の糸を入れて良かったなあと。

 

 

 ブランクありましたが調子も取り戻して良い雰囲気ですね!次回はどうなるか楽しみです。

 

 

 ところで藍の糸は、相変わらず安定しない私が染めたものを使っていただいてます。濃かったり薄かったり・・職人さんがこんなことでは務まらないんでしょうけどね。こちらとしてはムラになってても構わないので。

 今回の自作スクモも10日くらいもって欲しいですが。

 

 

 意図的にスクモだらけにしてる訳もありませんが、まだ色が取れそうなのでもうしばらくは大丈夫かな?

 

 

 「スクモチャレンジ」正しいかどうかは別にしてもやったことは描けるので。

 

 

 少量で建てられる方法で良かったです。

| 染色〜9〜 | 02:17 | comments(0) | - | pookmark |
自作のスクモで建ててみよう〜2〜

JUGEMテーマ:趣味

 

 

 熱したフスマ、消石灰を投入した翌日、発酵している匂いが立ち込めてきました。佃煮のような匂いです。ただこの時点では色は出ていませんでしたね。

 

 

 さらに翌日、入れておいた綿糸を見てみると、うーん、なんとなく弱弱しい茶系の色。手で軽く絞ります。

 

 

 するとうっすら、青味がかっています!手にも糸にもスクモがついちゃってるが・・・液の水位が低いので仕方ないですね。でも発酵が粗い?ためか糸に付着しても取るのは困難ではなさそうです。(普通のスクモだと糸に付いたら取るのはちょっと大変)

 

 

 水ですすぐと爽やかな青色が現れてきました。本音を言うなら、全然期待してなかったので逆に感激もしたり。にしてもなんだって染まったんでしょうか、こっちが聞きたいくらいです。

 

 

 いつも建てている状況と違い、紫の膜は表面に出現していません。全体的に黒っぽいので、ああこりゃいい匂いするだけの液かも知れないなあ、と思ってたけど驚きました。スクモも浮いちゃってるし。

 いい匂いもする、そして青くも染まる液体へ出世です。

| 染色〜9〜 | 01:53 | comments(0) | - | pookmark |
自作のスクモで建ててみよう

JUGEMテーマ:趣味

 

 

 そろそろ満月でお日柄もよく(本当は新月に建てるらしい)自作スクモで藍建てをしてみたいと思います。

 

 

 重量は30gちょい・・とちょいとばかり頼りない重量ではあるもののこれが今年の収穫量なんだから仕方ない。不作でこうだったらいいんですけど豊作でこの結果であるなら高々と掲げた右手を引っ込めねばなりません。

 

 

 藍建てを控えていたため寝かせていた灰汁にも出番はなく、何ヶ月ぶりなんでしょうねー、久しぶりですねー、そう語りかけても灰汁はうんともすんとも語りかけてはくれません。表面がぶくぶくしてるので良いんじゃないでしょうか、表情を見て調子を読み取ります。

 

 

 熱した灰汁を(触ると熱っ、という程度)ひたひたに注ぎました。

 

 

 ここは慎重に、一晩寝かせることにします。これで腐るとかはない、と思いたいですね。今まで少量で藍建てをしてきましたので成功(とりあえず色がついて欲しい)してくれるといいんですけどね。

 一回きりのチャレンジで今年は終わると思うのですが、どんな色が出るのかなー。出ないのかなー。どちらともいえないのかなー。

| 染色〜9〜 | 20:58 | comments(0) | - | pookmark |
スクモとイチゴは出来る?でしょうか

JUGEMテーマ:趣味

 

 

 イチゴには四季なりと一季なりがあるそうで、ワタクシ何も知らずにただただ育ててました・・要は一年を通して夏でも実をつけるもの、春に実をつけるものの違いってことなのかな。

 

 

 現在は一季なりのイチゴが多いんですが、単に「わー、イチゴだ」と道行く人に言われたいだけのためにやったことなんですけどね。花が咲かないのはストレスが無いから?なのかなー。

 葉が落ちてしまったものもチラチラ見受けるようになってきました。まあそりゃそうだ、こんなに暑くっちゃあ。元々イチゴは暑さには強くないらしく農家の方も夏の期間は気温の低い場所へ移動させるのだとか。そして帰ってきたときの温度差で冬に花が咲く、どうもこういう工夫をされているようです。

 

 

 しかしまあ、とにかくどうにも実をならせたいじゃあないか。藍も、数え切れないくらいその他もろもろも私の場合すんなり成功というのがありません。これも試行錯誤しながらやっていきたいと思います。

 ウールの毛糸の利点の一つに「断熱」があるんじゃないかなと(水に濡れてなければ)。だから割と生き残ってるのかも。

 

 

 一方、自作のスクモには白い粉のようなものが見えてきました。葉も当初より随分と嵩が減ってきてます。

 

 

 もともと少量で藍建てしてるので、(色素があるなら)これも上手く建てたいですねえ。

| 染色〜9〜 | 00:16 | comments(0) | - | pookmark |
スクモは出来る?でしょうか〜2〜

JUGEMテーマ:趣味

 

 

 全然関係ないけどシャワーホースをいじって珊瑚の砂、活性炭などを入れて圧がかかるようにしました。活水器・・と言っていいのかわからないので簡単な浄水器ですね。ぐにゃぐにゃホースの途中で水がぶつかり合う構造となっています。安心していただきたいのは私は服を着ているということであります。

 

 ホースが結構高くって・・1000円から2000円くらいで出来ると思います。体感としては良いと思います。

 

 

 本題。土作りで米ぬかを入れているのですが、その発酵熱を利用できないか?と考えて、

 

 

 こんな感じになってます。甕は大きすぎて・・使ってない保温ジャーの、なんていうんですかね?スイカで言えば赤い部分、とうもろこしで言えば芯の部分、内側を取り出してタデ藍を入れました。

 

 

 発酵熱で早速タデ藍が熱くなっていています、素手で触れないくらいとネットの情報ではありました。この写真の状況から鑑みるに、幻でしょうか。そしてここまではなんとなく良かった。

 

 

 新たにタデ藍を追加して(調子に乗ったため)、水をチラッとかけたのは後悔してます。これは2日後の様子で発酵熱もさほどではなく、それでもほんのり温かいです。

 

 粘りが出てきたのとスクモっぽい匂いもしてます。改めて見ると随分と嵩(かさ)も減って色も凝縮した感じですね。このときの私が服を着ていたかどうかは近所の人しか知りません。

| 染色〜9〜 | 01:27 | comments(0) | - | pookmark |
| 1/2PAGES | >>