CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
太田屋糸店HPはこちらです
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
タデ藍は豊作です

JUGEMテーマ:趣味

 

 

 あれ?タデ藍って開花時期はもっと先じゃなかったっけ?と考えるに本来は夏の終わりごろじゃあないかなと。どうやら来年の分の種には困らなそうです。この葉を使ってスクモ作り(そんなしっかりしたものではないが)も試してみたいなあと。

 

 

 6,7年前だったと思いますが、底の吸水シートが乾くとボトルから水が補給される自動吸水プランター?を試したことがありました。その頃は、結構簡単に育つもんだなあー、と小松菜なんかを育ててご満悦だったのですが結局実のなるものはムツカシかった記憶があります。

 

 

 イチゴは花も咲かないし自動吸水にしよう、ってんで設定しました。これで根っこが張っていくかしら?イチゴさんは葉っぱだけなら生き生きとしてますね。とにもかくにも花が咲くってのと葉が育つってのは違いがあるみたい。

 

 

 表面が乾いてもシートに水がある間は大丈夫みたいです。枯れないんだよなあ、そして花が咲かないんだよなあ。

| 毛糸の植木鉢〜2〜 | 10:35 | comments(0) | - | pookmark |
虫も花もつかないのは?

JUGEMテーマ:趣味

 

 

 まずタデ藍は元気一杯です。雑草に近いのかな?ほとんど何もせずともすくすくと。

 

 

 キャベツは残念ながら中途から虫ちゃんが美味しくいただきました状態に。少しずつ切って食べておけばよかった。

 

 

 食べられそうなものだけ採取。これを見て、わー美味しそうなキャベツですね、という人がいたら慈悲深い人と言えるでしょうね。そんな私は慈悲深くなれそうにない。でも実際は美味しかったです。

 

 

 それで本題に入ってイチゴさん、昨年の冬からこつこつやってるイチゴさん、愛情が空回りしてるせいか花も咲かず。いつものように虫も全くと言っていいほどつかず。これはほんとに訳がわからないと思っていましたが・・

 

 

 ランナーは(蔓のようなもの)がちょこちょこ出てきました。それと共に・・そのランナーの太いもの、細いものが鉢を置いてる場所によって違うことも判明。

 昨年の毛糸の植木鉢の方が育ちが良い気がしましたが、たぶん間違いでもない気がします。つっても葉物がよく育っているのもなにか意味があるのかなあと。

 

 

 これもイチゴなのかな?

 

 

 時期的にももうちょっと大きくなるそうですけどね、種から育ててるイチゴさんも成長はやはり遅いみたいです。左手(利き手じゃない)で飯食ってるみたいに時間かかってます。

 

 

 感じてることは、底を麻にして水はけを良くしたのはいいのですが、その底の方から先に水が乾く状態になってる気がしました。だから下まで水がいって保水されてないのかも、これが花が咲かない原因の一つかなあ?

| 毛糸の植木鉢〜2〜 | 00:19 | comments(0) | - | pookmark |
タデ藍とキャベツ畑に?

JUGEMテーマ:趣味

 

 

 イメージしていたイチゴ畑からキャベツ、タデ藍畑へ本格的な変更を余儀なくされそう。

 

 

 タデ藍はすっかり花が咲いちゃって・・

 

 

 キャベツもこれから丸くなるのか知らないけれど元気です。虫も現在はほとんどついてません。小松菜に関しては食べごろを過ぎちゃってるのか穴がちらほら空いてますね。それでも生き生きしてます。

 

 

 一方、上手くいってないイチゴ。どちらかというとこっちに力、愛情を注いでいたのにも関わらず、

 

 

 種から育ててるイチゴさんも成長は遅いみたい。虫はついてないんですが。

| 毛糸の植木鉢〜2〜 | 12:58 | comments(0) | - | pookmark |
愛情の度合いに比例しない

JUGEMテーマ:趣味

 

 

 先日に引き続いてMさんがフエルト羊を作りに来てくださいました、ありがとございました!今日は土台から(羊の顔と足を作るところ)なのでほぼ基礎作りで終わりましたが、とかく完成が楽しみです。

 

 

 さて小松菜がますます勢いづいてます。以前水耕栽培もどきをして虫だらけになった覚えがありますが、今回は上手くいっているようですね。

 

 

 それと反対に手塩にかけて育てたイチゴ、あああ、お前はなんで花を咲かせようとしないのか!虫もつかないけど花もつかない、これは絶対になんかあるなあ。

 

 

 またそれに反して期待してなかったキャベツが大きく育ってきました。これも意外・・愛情込めても条件が整わなかったら育たない、逆に設定がキチンとしてたら勝手に育つ、なんとも自然ってムツカシイや。

| 毛糸の植木鉢〜2〜 | 22:27 | comments(4) | - | pookmark |
タデ藍と判明

JUGEMテーマ:趣味

 

 

 もう完全にタデ藍じゃあねえか。と、イチゴと勘違いしつつ育ててきましたが、もっともこっちの方が自分の仕事には近い素材なんですけどね。イチゴ畑を作るつもりがタデ藍畑になりそうです。

 

 それにしてもなんで種が混じっていたのでしょうかねえ、芽の状態は意外と似てると思いました。

 

 

 これは一体何が撮りたかったのか、それにしても藍もそうですが小松菜などの葉物は結構苦労なく育ってますね。実がなるものは上手くいかず、葉っぱは大きく育つ、意図したとおりにするのは大変だなやー。子育てもそうだといいます、しかし皆が皆、意図したとおりの子育てになるのであれば総理大臣がゴマンといることになるでしょう。

| 毛糸の植木鉢〜2〜 | 21:31 | comments(0) | - | pookmark |
丸葉タデ藍ではないか?と懸念する

JUGEMテーマ:趣味

 

 

 

 この丸葉の子、イチゴの子と思っていましたがタデ藍の種がこぼれて(たぶん)できたものではないか?との疑惑が。

 

 

 そう考えると成長の違いも納得しますし、どことなく葉っぱも青味がかってるような・・道理で実がならなそうなわけです。

 

 

 なんか知らずにカッコウの卵を育てた鳥ちゃんの気持ちを感じなくもないですが、なんで混ざっちゃったんだろ!?しかしながらタデ藍も育ててますんでこいつもしっかりと面倒をみていくことにしましょう。

 

 

 タデ藍はこんな感じです。

 

 

 イチゴさんと思われるものはこれです。

 

 

 寒さを体験させるために袋に入れて管理してたのに、ほんとになんで種が混ざっちゃったんだろ?

 

 そしてやたら成長が遅いのも理由があると思ってきました。毛糸の植木鉢の水はけ、こいつをもうちょっと考えないといかんかなあと。

| 毛糸の植木鉢〜2〜 | 11:28 | comments(0) | - | pookmark |
イチゴ、不安になる

JUGEMテーマ:趣味

 

 

 まだ花の咲かないイチゴさんたち、どうでしょうかこの葉っぱの違い。種から育てた丸い葉っぱのイチゴ?これ本当にあひるの子?白鳥の子?

 

 

 他のイチゴもやはり形状は丸い・・

 

 

 今回失敗するのが怖いので、ホームセンターで購入したものと昨年にランナーで増やしたもの、二種類用意していました。が、どちらも花が咲かねえじゃねえか。越冬させたので(イチゴさんは寒さを体験させないと実がつかないらしい)実はつくはずなんだけど・・

 

 

 それでも葉っぱが薄い黄緑でキレイだなーと感心したり。例え実がつかずとも(やっぱ気にしてる)捨てずに来年まで持ち越すことにします。

 

 

 液肥もかけてしばらく様子をみていくことにしましょう、別にお注射するわけじゃないので。

| 毛糸の植木鉢〜2〜 | 22:11 | comments(0) | - | pookmark |
昨年よりもペース遅い

JUGEMテーマ:趣味

 

 

 タイトルのとおり今年はのんびり屋なんでしょうか、なかなか花が咲きません。焦ってもイチゴさんの勝手なので暖かく見守る、そんな精神があればこんな焦りはない。

 

 

 うーん、昨年と違うのは底を麻にしたために水たっぷりやらないと根が底まで張りにくいのかなあとか。またホームセンターで買ってきた苗だと肥料の分だけ成長も早いようです、昨年は初めてだったのでここも関係してるのかな。何かと考えることが多いですね。

 ところで織り地の表面に穴が開いちゃったので(雨には弱い)

 

 

 結構いい加減に補修しました。なんでもダーニングという技法があるそうですね、それと比べるにはこの作業は鼻歌混じり過ぎますが・・

 

 

 小松菜は育つけどほうれん草が毎度ムツカシイな。

 

 

 ランナーで育てたイチゴさんと違って種からのものは形状が丸いですね。アブラムシが来たりはするが・・成長は遅いものの枯れずに元気だからまあ良しとしましょう。

| 毛糸の植木鉢〜2〜 | 21:22 | comments(0) | - | pookmark |
藍もイチゴも育てたい

JUGEMテーマ:趣味

 

 

 いつもだったらこの季節には藍建てはとっくに開始して、まあ失敗も成功もあると思うのですが、4年目の今年は検討しながら失敗していきたいなあと。なので振り上げた腕をなかなか下ろせない、というよりなんで振り上げたんでしょうね。

 

 写真はタデ藍の種を撒いたところであります。昨年は雨続きであまり実りのなかった記憶がございます、毛糸のミニ畑作ったはいいけどサイズ間違えて織っちゃった。織り地は何枚かに折り曲げて使います。

 

 

 元はこんな感じです。底と脇はあみあみワイヤー、それを覆うようにして。

 

 

 自宅に置いてあるイチゴは結構葉も大きく元気になってきたかなー。

 

 

 種から育ててるイチゴさん。

 

 

 これもそうです。

 

 

 これも。

 

 

 こんなやつも。同じイチゴ(の種)から育ててもこれだけ多種多様、なんという。成長の早い遅いが出るのは当然なんですねー。

 

 

 葉の色が薄黄緑がよろしいそうなので、まあまあいいのかな?イチゴ農家になったの?と言われたりするんですけど、まあそれもいいのかな?

| 毛糸の植木鉢〜2〜 | 20:53 | comments(0) | - | pookmark |
声をかけられるということ

JUGEMテーマ:趣味

 

 

 いくつかを店に運んで、バスの至近距離でイチゴさんがお育ちになる予定です。あの五区間、違う極寒の冬を耐え抜いた猛者たちです、きっと甘い実をつけてくれるはず、とプレッシャーになるかしらん?

 

 

 100円ショップの商品で構成、構築されたビニールハウスです。まだ日の当たる時間が短いのでなるたけ効果的に。ただし横からの雨の凌ぎ方はまだ考えてません。

 

 とにかく世話(のようなもの)をしてると声をかけられます。これはなんですか?キレイですねとか、いやはや嬉しいですね。

 ここで感じるのはやっぱ注目される、意識されるとなんとなくこっちも枯らさないようにしないと、とか。だから植物にも声をかけるんですね、キレイだね、と声かけられたら嬉しいもんね。

| 毛糸の植木鉢〜2〜 | 21:16 | comments(0) | - | pookmark |
<< | 2/3PAGES | >>